スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の通院

03 19, 2011
P1050480


 今日は眼科の予約の日でした。
 いつもは車で行く病院ですが、せっかく鉄道もほぼ平常どおり動いているらしいしね、
 あるものは活用ってことで、今日は地下鉄で行ってきました。
 考えてみれば、ミトンを電車に乗せるのも久しぶりだなぁ。


 ガソリンは近々安定供給されるようになるとのことですので、
 我が家は車がなくても生活に支障はないし(むしろある方が経済的に支障が 苦笑)
 給油はそれまで待とうかなーと思います。
 ただそうは言っても、万が一、自身に車を必要とする何か緊急事態が起きたときのために、
 とりあえず今車に入っているガソリンは使わずに残しておくよう、
 ダンナさんに厳命(笑)しておきました。
 

 まずは被災地に燃料類をまわすことが何よりですが、
 被災地に限らず、都内でも燃料不足に困っている方はたくさんいるでしょうし、
 非常用電源の燃料が不足している病院や高齢者施設にとっては、命に関わる切実な問題。 
 どうか必要な場所に、必要な物が届きますように。


 さて、本題のミトンの眼の病院の話です。
 
 
 
 

 
P1050512


 手術から2ヶ月たって、ミトンの右の眼、こんな感じでーす。
 真っ赤だったのも落ち着いて、だいぶ自然な感じになってきました。
 もちろん、よく見れば違和感ありますけどね、パッと見にはわからないかも。


 先月の診察でちょっと心配な状況があり、その後、内服と点眼を続けての今日の診察。 
 心配された部分は、すっかり良くなっているとのこと。
 涙量も問題なく、経過は順調。 もう通院の必要はないでしょう、とのことでしたっ☆ 
 長かったような、短かったような、緑内障との闘い・・・これで本当に終了です!
 

 結果としては・・・
 最初の手術の効果は思ったように出ず、ミトンにはただただ辛い日々を過ごさせて、
 そして最終的には失明ということになってしまったわけですが・・・
 それでも、こちらの先生には感謝しています。 
 それはたぶん、私自身も納得した上での治療だったし、
 こちらの考えを尊重した上で治療を進めてくださったから、
 というのも大きいのかなぁと思います。 
 そして、手術をしても思うように状態が改善されなかった時は、
 こんな結果になってしまって心苦しいと、率直にそう言ってくれました。
 夜でもいいから何かあったら電話してと診察に行くたびに言ってくださって、
 実際、休診日や夜の電話や、夜遅くに病院に駆け込んだこともあったしねぇ。
 (お騒がせ飼い主 汗)

    
 ミトンは主に若い先生に診ていただいていたのですが、
 ミトンに対してもいつも優しく声をかけてくれて、
 今日も、ミトンちゃんはいつも本当にイイコだね、地震頑張ったね、
 と言ってもらってましたょ^m^
 そして待合室でも、同じように眼の病気と闘っているワンちゃんの飼い主さんに、
 いつもいつも可愛がっていただいて。
 皆さんに暖かくしていただいたから、ミトンは病院が大好きだったんだと思います^^ 


 ま、ただね。
 そんな思いとは裏腹に、もう二度と眼科の病院にお世話になることがありませんようにっと、
 それは切に思いますけどね、当たり前だけど(^^;



P1050521
  
 ミトン、見違えるように元気になりました^^
 そのことを先生にお伝えして、お礼を言って、最後の診察を終えました。
  
 





 
 ちなみに、今後緑内障を発症する恐れがある左眼ですが・・・
 本日ももちろん検査をしていただきましたが、眼圧、網膜等々、異常はなし。
 これについては、今後も継続して予防の意味での点眼は続けた方がいいけれど、
 ただ、この病気は徐々に進行するようなものではなく、
 もし症状が出るとしたら突然くるものなので、
 たとえば定期健診等をしてもあまり意味がないそう。
 なので、今後もとにかく日々注意深く様子をみて、異変を見逃さないこと、
 何かあればすぐに連絡くださいとのことでした。



 以下は、自身の覚え書きの意味もありますが、あくまでも参考までに。

 
 まず、緑内障が疑われる眼の異変は、

  ・白眼の充血
  ・眼をしょぼしょぼさせる(痛み)
  ・瞳孔の散大(ライトをあてても縮瞳しない)
  ・眼の白濁 
  ・突然、物にぶつかるようになる(眼が見えていない)
 
 飼い主が見て取れる異変としてはこんなところ。
 



 右眼を発症した時、私が気がついた症状は上の2つだけで、
 しかも深刻なものと受け止めるほどの重い症状でもありませんでした。
 あれ?ちょっとおかしいな??って思う程度です。

 そして実際こういった異変に気づいて病院に行っても、
 充血という症状から結膜炎などといわれ、
 しばらく様子見となってしまうケースも多いと聞きます。

 でも、緑内障が疑われる症状が一つでもあれば、まずは眼圧を確認し、
 高いようであればすぐに下げる処置をしないと、2日で失明するともいいますので・・・。
 眼圧計も、どこの病院にでもあるものではないようです。
 なので、眼の異変で病院にかかる時は、専門とまでは言わなくても、
 少なくとも、眼科を得意としている先生がいる病院で診ていただくのが賢明なのかなぁと、
 今回の件では感じました。
 





Posted in びょういん
PROFILE
★miki
このブログの管理人

★mitten(ミトン)
2003.2.7生まれの
パピヨンの女の子です♪
緑内障で両眼の視力を失ったけど、
今日も元気に七転び八起き、
日々楽しくがんばってます☆


★プリン
たまに登場するニャンコ
1998.6.19生まれの17歳!元気です。
月別アーカイブ
02  01  05  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリー
BLOGリンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。