スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらずながら

08 01, 2010
IMG_7005

 
 8月ですね! 夏も真っ盛り!!
 
 とはいっても、相変わらず病院と近所の散歩しかネタがない我が家ではありますが(汗) 
 
 
 でも、ミトンがこんなにも元気なのだから、それは何よりありがたいことです^^ エリザベスカラーともあと1週間くらいでサヨナラ~だと思うので、エリカラ姿も記念ってことで(?)、写真、たくさん撮っておかなきゃね(???)
 
 
 
 
 
IMG_7023

 この時期はやはり早朝にお散歩するワンちゃんが多いようで、朝の公園ではたくさんのお友達に会えます♪
 こんな姿のミトンですから、皆さん「どうしたの?」と心配して声をかけてくださいます。 ミトンはそうやって飼い主さんに声をかけてもらえるのが嬉しくて嬉しくて、その度に大はしゃぎ。 そのはしゃぎっぷりは、どう見ても病人(病犬?)のそれではありません・・・(^▽^;
 


IMG_7053
 
 んー、朝のお散歩は、草の露ですぐにこんな姿になってしまうのが難点ですが(汗)


 

IMG_7052

 楽しそうだね、ホントに。 よかったね^^ 




P1020187

 お散歩の後はスタバでひと休み♪ 

 

P1020181

 この姿なのでレストランやカフェには行けないけれど、スタバのテラスくらいならね。 カフェ好きミトン、やっぱり楽しそうです♪ ささやかなシアワセですな^^
 







 5月の下旬から、なんだかんだと病院に行かない週はなかった気がします・・・(汗)
 でも、この週末は眼科の病院の予定はありません!! やっと病院通いから開放?! かと思いきや、いえいえ、この隙にかかりつけの病院に行かなくてはなりませぬ~・・・ホントなら毎年6月に受けていた狂犬病の予防接種、眼の方のいろいろがあったので、実はまだ受けていませんでした(汗)
 今は点眼薬5種類と内服薬1種類を継続していますが、予防接種やフィラリアのお薬等は特に併用して問題はないとのこと、やっとこさ済ませることができましたゎ。
 
 そして、トリミングサロンにもしばらく行けていないので、爪切り&足裏カット&肛門腺もついでに病院でお願いしました。 注射も爪切りetcもどれもこれも気にかかっていたことだったので、やっとスッキリできました☆
 
 ちなみに今日の体重は3.95㎏でした。 これは、ここ1年ほどだいたいこのくらいで変わっていません。
 実は手で触った感じ、入院してから痩せた気がしていたのですが・・・さらに、眼の関係で脂肪分の摂取をなるべく控えるよう言われているので、食事やおやつの内容がだいぶヘルシーになっているここ最近。 さらに痩せちゃったらどうしようなんて思っていたのですが・・・まったく痩せてないじゃん。 心配して損した(笑) 
 






 そして眼の状態の記録。 あらためての内容もありますし、しかも文字ばっかりで(笑)楽しい話でもないので、興味がない方はどうぞスルーしてくださいまし☆



 (あらためて書くまでもないかもしれませんが)緑内障というのは、眼圧が高くなることで、視神経がダメージを受け、いずれは失明してしまうこともある病気です。 

 その、「眼圧が高くなる」ということですが、これまたあらためて書くことでもないかもしれませんが・・・
 眼の中には「房水」という水が常に流れています。 これは置き換えると、シンクの蛇口と排水溝の関係のようなものなのだそうです。 つまり眼の中の蛇口から絶えず水が出ている一方で、その水がシンクの排水溝から常に流れて出ていっている、といった状況です。 たとえばその眼の中のシンクの排水溝が何らかの原因で詰まってしまい、シンクに水があふれてしまうとします・・・これが「眼圧が高くなる」という状況です。


 ではその「排水溝が詰まる」ということがなぜ起こるかというと、たとえば生まれつき排水溝が狭いなどの障害を持っている場合もあれば、眼の中で後から起きた要因(水晶体脱臼、眼内の腫瘍、ぶどう膜炎など)によって排水溝がふさがれてしまう場合もあるそうです。


 5月末に緑内障を発症したときの検査で、ミトンは両目とも、生まれつきこの排水溝が狭いということがわかりました。 ただ、生まれつきそのような状態ながらもこれまではなんとかその機能を維持してきたということで、今回緑内障を引き起こした直接の原因もそちらではなく、別の後から起きた要因(水晶体亜脱臼)の方であろうという診断でした。 つまり眼の中の水晶体が動いてしまい、排水溝をふさいでしまうことがあるということ。 そして7月に受けた手術は、その水晶体亜脱臼に対処するためのものでした。
 

 その水晶体亜脱臼に対する処置そのものはうまくいったということなのですが・・・なのになぜ眼圧が不安定な状態が続いてしまっているのかというと、術後の眼の炎症に、生まれつき排水溝が狭いという状況が手伝って、排水溝がうまく機能できていない、というのが今の状況ということになるようです。   


 今は一日3回の目薬で眼圧を落ち着かせています。 
 一日3回ということは、24時間を3で割って、8時間おきの点眼が理想なのですが・・・ 平日はだいたい、12時間・6時間・6時間 という間隔での点眼になっています。 それでなんとかギリギリ・・・保てています。


 何度か書いていますが、ワンちゃんの眼圧の正常値というのは10~20mmHg、高くても許容範囲で25mmHgまでといったところなのだそう。 


 ミトンの場合、薬が効いていると思われる間は10~20mmHgの正常値の範囲内なのですが、点眼後12時間ほど経つと、20~30mmHgとちょっとキケンな数値まで上がってくるというのが、退院してからこれまでの傾向でした。 
 それでも、手術直後のように、70mmHgとかのありえない数値を示すことはなくなったし、数値の推移を見ていると、だんだんと落ち着いてきているようには感じられます。
 眼の状態も、手術をしてからずーっと右眼が真っ赤に充血していたのですが、最近になってやっと少しだけ赤みが取れてきたようにも見受けられます。 ・・・何とかこのまま、落ち着いてくれるといいのですが。


 ミトンの様子を注意深く見ていると、たまに右側からの反応に弱かったりと、「あれ?右眼、見えてない??」と感じることがありドキっとするのですが・・・あらためて確認してみると、大丈夫、反応はしっかりあります。
 ただ、高眼圧の状態が続くと眼球が大きくなってしまうという症状が出るのですが、5月末は左右ほぼ同じ大きさだったのが、今は右眼の方が少し大きくなっているそうです。 やはり何度も高い眼圧を繰り返したことは、ミトンの右眼にダメージを与えているようです。


IMG_7048

 でも、この力強いまなざしを見ると、まだ大丈夫と信じられます☆ 
 いつまでもこの光が、ミトンの眼に届くように・・・頑張らなくては!!



 あーでもね、ちょっと愚痴っていいですか?(笑)
 12時間が点眼の間隔のリミットと書きましたが、これ、通勤に要する時間等々を考慮すると、残業はまったくできない計算になるんです。 残業ナシに仕事はこなしきれないので、その分はこっそり休日出勤したり、お昼休みを犠牲にしたりしてなんとか調整してるんですけど・・・そのこと自体はどうでもいいんです、自分の都合のためにやっていることだもんね。 ただね、人からは『定時で帰る=仕事がヒマ』と見られるようで、それならば新しい仕事をあげようじゃないか、という発想になるらしいんです(驚) いりませんて、そんなの。 でも、小さなお子さんがいるママでさえ、遅くまで残業せざるを得ないような職場なんです。 犬が心配だから定時に帰りたいなんて、とてもとても仕事を拒む理由にはなりません(汗)
 っていうか、何かおかしくないですか? 定時で帰ってなんで悪いのーーー?! ていうか『定時』って何?? 帰っていい時間じゃないのーーー???(´□`) まったく意味わかんないよ。 


 以上、愚痴でした(笑) 明日からまた、ガンバロ。
 
 

 

 
-4 Comments
By 08 03, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By 08 03, 2010 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By vivimama08 06, 2010 - URL [ edit ]

ミトンちゃん、点眼がんばっているようですね☆
今の状況で、毎日ミトンちゃんのお世話もがんばっている、mikiさんとミトパパさんもすごくえらいと思います。ほんと、日本のカイシャって・・・って思うことありますよね。
私が以前いた会社でも、半年間ワンコの看病を優先させた女性が、いろいろ大変な目に合っていました。
その時のことで、私がカイシャのオヤヂ嫌いになったのは言うまでもありません。
だから、mikiさんの愚痴・・・とってもよく分かります。

ミトンちゃんの目には、生まれつきのものがあったのですね。
でも、ミトンちゃんの幸せそうな笑顔を見ていると、病気ともうまく付き合っていけばいいや^^って思えるようになりますよね。ワンコの笑顔って本当にすごいと思います♪
お互い、ワンコを見習って、笑顔でがんばりましょー♪

By miki08 07, 2010 - URL [ edit ]

●鍵コメ(R)さま●
 
今週はちょっとバタバタがありましたが(汗)
ミトンは相変わらずとっても元気なので^^
頑張りますネ☆
 
アクセサリーのエリカラ(笑) 取れましたよー
なくなってちょっと寂しい(笑) 
 
 

●鍵コメ(Y)さま●
 
お薬の投与で安定していたのですが・・・
残念ながらそれも長くは続きませんでした(泣)
あっ、でも大丈夫です、うん。 ミトンはとっても元気ですから^^
生活に制限があるわけでもありません、
これからも今まで以上に気を配りながらも、
いままでどおり、過ごせれば、と^^

体重、あれ?
以前はそちらのお嬢様と同じくらいだったような時期が
あった気がするんだけれど・・・(^^;
でも、元気ならだいじょぶだいじょぶ☆

 
 
●vivimamaさん●
 
 
ありがとね^^
ね、ワンコの看病に限らず子育て中の方なんかもそうだけれど、
ほんと、日本のカイシャって、なんとかしてほしい状況山盛りですよね。
その女性の方は大変な目って、どんな目にあってしまわれたのでしょう(涙)
安定した家庭生活があってこそ、いい仕事もできるってものだと思うんだけどなぁ。
 
眼の方は、そういうことでした。
持って生まれた運命ならば、受け入れて、
うまく付き合っていくしかないんですよね、ホント。
だってワンコ自身が、それを全然悲観するでもなく、
自然にそれを受け入れて、上手に付き合っているんだものね^^
私たちはそれをいかにサポートしてあげるかってことなのかなって。
だから、私たちがワンコを不安にさせちゃうようじゃだめなんですよね、
うんうん、だからこそ、笑顔でいなきゃね^^ 


Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
PROFILE
★miki
このブログの管理人

★mitten(ミトン)
2003.2.7生まれの
パピヨンの女の子です♪
緑内障で両眼の視力を失ったけど、
今日も元気に七転び八起き、
日々楽しくがんばってます☆


★プリン
たまに登場するニャンコ
1998.6.19生まれの17歳!元気です。
月別アーカイブ
02  01  05  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリー
BLOGリンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。