スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期健診(ちょこっと追記した)

10 19, 2013
PA190038

「ハシゴでしたのよ、奥さん。」 
 
 
はい、久々の通院DAYでしたが、先生の都合とかいろいろで、
今日は眼科とかかりつけ、動物病院のハシゴになっちゃった(汗)  
 
 

PA190020

というわけで、ハシゴの間のお散歩写真(北の丸公園)を織り交ぜながらのおぼえがき。



まず眼科。約3ヶ月ぶりの検診でした。

この3ヶ月の間の目の様子は、充血が目立っていたのと、
写真でも見て取れたかもですが、眼球の拡大も顕著になってきたなぁと。
眼圧も高いままだったと思うのですが(測定はしていませんでしたが)、
それら症状は、ミトンに不快感さえなければ気にすることでもないのでね。
幸いに、目を気にするような素振りとか、目をショボショボさせるとか、
そういったことは一切なかったし、元気食欲もあいかわらずでしたので、
特に何の対処もしていませんでした。


さて今日の診察の結果は、まず眼圧が43mmHg(一般的にはだいぶ高い値です)。 
そして眼球の大きさが、23mm。
前回(7月)が20.9mm、その前の正常時がだいたい19mmだったので、
だいぶ大きくなったといえる数字ですかね。 
状態としては特に大きなトラブルはなく。


この先は、おそらく眼圧もしばらくは高いままで、眼球の拡大も進んで・・・、
今のミトンが置かれている状態というのは、
目にそういったトラブルは抱えているんだけど、まずこれに対する治療法はなくて。
でも、本犬に痛みとか不快感がなければ、それはそれっていうかね。
ただだからといって、このまま放っておけるかどうかといえば、
もしかしたら、しばらーーーくは現状維持のままいけるかもしれないけれど、
そうではなく、この先何か変化が起こるとすれば、
悪いトラブルが起こることはいくらでも想定されるけど、
何かが好転することは、絶対にないとゆーことです。



さて。ならばこの先どうすればいいのよってことなのですが、
結局は、右眼と同じように、
いわゆる義眼の手術をするのがベストかなと、そう思ってます。

もちろんそんな曖昧な状況なので、
今すぐ手術をしなければということでもなければ、
そもそも手術自体、しなければならないということでもないのですが。

院長先生は、まだ10歳だから、この先まだまだ生きるんだから、
手術をしてクリアな状態にしてあげた方がミトンさんにはいいと思うと。
私もそれは全く同じ考えで、
さらに年齢的なこととか、心臓のことを考えても、
変な話、さっさとやってしまったほうがいいと、
それは、5月に発症した時からそう思っていて。
なので、今のところ、年内には手術しようかなと思ってます。





PA190013

このキラキラのオメメともお別れかって思うと、そりゃ、哀しいんだけど。
あたりまえだよ、それが本音です。 
 

 
 
 
 
PA190018

視力を失って約半年(一度復活したけどね)。
もぅね、見えないことにもすっかり慣れたし、それが当たり前の生活になりました。
こうやって、楽しそうに走る姿も見ることができるようになって^^ 

なんならあれです、私の思考回路も、何事も「見えない」が前提になりつつあり、
逆に、他のワンちゃんが、目が見えていることのほうが不思議に思える最近(笑)
ミトンは階段の昇り降りは上手にできないので、
階段を駆け降りるワンちゃんを見て、
ふと「上手に駆け降りるなー、すごー」とかホンキで思ってしまったり。
当たり前なんだけど、見えてるんだから(笑)



そんな感じなので、こと視力に関してはもうなんとも思ってないんだけど、
ただ困るのは、とある人がミトンを甘やかしすぎること(苦笑)

たとえばお散歩中に、ちょっとした段差があったとして。
私は、怪我につながるような大きな段差でなければ、
あえてそれを回避することはせず、自分で歩かせるようにしてるんですけれど、
某氏(笑)はそういう場面ですぐに抱き上げてしまう。

食事も、私は「ゴハンできたよ」と声をかけるだけで、
あとは自分の鼻を頼りに、探して、自力で食べさせるようにしているのですが、
でも某氏は、フードボウルの目の前まで身体を運んであげる、みたいなね。

何をするにも見えている時のようにはいかないのは当たり前で、
それは時間がかかっても、待ってあげるべきだと思うんです。
もちろん、本当に危険なものは排除してあげながら。
なんていうか、何でもかんでも手助けをしてしまっては、
動物が本来持っている生きようとする力みたいなものから、
奪ってしまうような、そんな気がしてしまってね。

私の考え方、違うのかなー。
なんかそういうところで、イラっとするんだな。
いかんいかん(苦笑)
 

 
 


PA190007

さて眼科、お散歩ののちは、かかりつけの病院へ。


こちらは約2ヶ月ぶりの検診。
その間、ミトンの様子として気になっていたのは、
まず、絶対太った(笑)
あとは、なんでもない時にちょっと呼吸が荒い時があることと、
咳も、目立ってってほどではないけれど、相変わらずよく出る。 
 
そのあたりの話しをして、診察と検査。
まず体重は、4.32kg。 
んま、思ったほどは増えてなかったわ(笑)

触診、聴診等々では、心雑音、心拍数、血圧などは全て変わらず安定しているので、
おそらく心臓の方が目立って悪化しているということはないと。

あと、本日のメインは甲状腺ホルモン(T4)濃度検査。
これが、昨年の5月だったか、甲状腺機能の低下が疑われる数値(0.9)で、
その際は、さらに詳しい検査の結果、問題ナシとの判定だったのですが、
今年の8月の検査でも0.8(基準値:1.6~5.0)と、よろしくない数値で。
そしての今回は、1.4。
数値的にはよくなっているけれど、ただ波があることと、
前回の検査から間もあいているので、今回再度、さらに詳しく検査をすることに。
この検査は外注になるそうなので、結果が出るのは1週間後くらい。
その結果によっては、甲状腺のお薬もはじめるようになるそうです(°Д°)


【追記】
T4が低値であったがための詳しい検査の結果、

FT4(遊離サイロキシン) 15.8pmol/L (基準値 7.7~38.6)
c-TSH(甲状腺刺激ホルモン) 0.15ng/mL (基準値0.02~0.32)

いずれも基準値内ということで、とりあえずはセーフッ!
ほ。




PA190031

以上、本日の病院メモ。

検査検査でミトンも疲れちゃったと思うので、帰りは寄り道せず帰宅。
お腹すいて倒れそうだったけれども(←わたしが)

寒くなりましたね。
つい最近まで、真夏日とかなってたのに。
でも、これくらいの気温が過ごしやすくて好きだなー^^
秋、楽しまなきゃね。 
 

   
 


Posted in びょういん
PROFILE
★miki
このブログの管理人

★mitten(ミトン)
2003.2.7生まれの
パピヨンの女の子です♪
緑内障で両眼の視力を失ったけど、
今日も元気に七転び八起き、
日々楽しくがんばってます☆


★プリン
たまに登場するニャンコ
1998.6.19生まれの17歳!元気です。
月別アーカイブ
02  01  05  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
カテゴリー
BLOGリンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。